名言(?)録



present by 色々

お知らせ


称号クエストを見に来た方はこちら

完美国際のことがとがそのまま日本に来るとは限りません。 日本においては変更されている可能性もあります。 何を信じ何を信じないかは自己判でお願いします

ブログ内記事まとめリンクより、
褒章表・新8階級・新スキル・黒夜伝説まとめ・森の遺跡
フリーソフト・動画編集の各ページへのリンクがあります

ブログは国際情報つまり先取り・ネタバレを多く含みます。 若し、他の方に当ブログに掲載されている情報を伝える場合は 先取り・ネタバレが嫌いな方もいること、曖昧な情報であることを 留意してくださると幸いです(*- -)(*_ _)

最新コメント

プロフィール

rustlast

Author:rustlast
主にPerfectworld-完美世界ーでの出来事、
日々の生活で思ったこと等を徒然なるままに書いてます
コメは誰からでも歓迎しますヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

完美世界
Main:Rusticana 暗殺師(ベテルギウス鯖)
sub:cruade 戦士(プロフ絵はコレ)  
他多々

youtubeアカウント(クリックで飛びます)

カテゴリー

openclose

2014年夏アニメ1話時点での感想

Category : 日記
2014夏アニメ①

Free!-Eternal Summer-
京アニ製作のFree(一応原作はラノベの「ハイ☆スピード」)の2期作品。水泳を主題とした作品で、泳ぎ・水の動き・水滴等の作画・描画等大変綺麗な作品。
ストーリー性はあまり高くなく、どちらかというとコミカルさを押し出した腐寄りな作品(あくまで寄りなので男でも問題なく見れる)。
2期1話もFreeらしい感じで進んでおり、1期と同じような感じで見れると思われる。ストーリー性が高くないと書いたことからも分かる通り2期から見ても特に問題は無い。

幕末Rock
幕末RockはPSPで販売された同名ゲームソフトのアニメ化作品。幕末と書かれてることからもわかる通り、良くしった名が登場する。
幕末ながら幕府直属のトップアイドル新選組のヘブンズソング以外の音楽が禁止されているという背景で、坂本龍馬ら幕府の行動に疑問を感じる音楽を愛する人々が
Rockの力で革命を起こそうというもの。全体的に登場人物は美男美女系になっており、幕末らしく男ばっかりな感じ。
見どころは恐らく音楽で物事を解決するところなんだろう。あんまり継続して見る気にはならなかったな( ´△`)

白銀の意思 アルジェヴォルン
オリジナルアニメーション作品で、過去の戦争の影響で空を飛ぶことができなくなった世界で1話を見た感じ国家間戦争が続いてる背景の模様。
トレイルクリーガーという見た目重機のような陸上兵器が主要戦力となっているという設定。主人公は熱血馬鹿系で、独断専行型という、こういうロボアニメでは
とてもよくあるタイプの主人公で、その主人公が民間人(と思われる)のトレーラーが襲われているところを助けるも主人公が乗っていたトレイルクリーガーが
全損してしまって、トレーラーに搭載されていたロボットに搭乗して戦い出すというもの。トレーラーに搭載されたロボットは既存の物とは操作性機動性ともに
従来のものとは比較にならないレベルのもので・・・これに乗って主人公はどう戦争を戦うのかというのが主な内容かな。
助けた民間人が助けてもらった軍人にいきなり殴りかかったりとかやたら高圧的な部分を除けば、気になる部分も少ない。こういう作品ではよくある感じに仕上がっている。

RAIL WARS
同名ラノベのアニメ化。ブレイドオンラインで漫画化もされているらしい。日本国有鉄道が分割民営化されなかったパラレルワールドの日本という背景設定の元で、
1話は国有且つ巨大企業である受かれば一生安泰の国鉄で運転手を目指す主人公が、国鉄の研修学校のようなところへ入校して、卒業するまでのダイジェストと
研修終了後の配属先である鉄道公安隊でひったくり事件の犯人を捕まえる。というイントロ部分の放送であった。
鉄道公安隊で起こる様々な事件と主人公達がどう向き合うか、どう巻き込まれるかが見どころといったところかな。
名前からして図書館戦争系の何かなのかなぁという感じが第一印象で、1話見てる限りにおいてはパラレルワールド的な設定の割に
何故か研修の最後の実技試験がSLで100km/時を出すこととか言う謎の試験だったり、一度も拳銃撃ったことの無い女子生徒が全弾ヘッドショット(射撃練習)決めてたり
設定の甘さが垣間見れるのが気になる。
先を知ってる人からすると継続して見てると面白くなるということなのでこれからに期待したいが・・・うーん。

普通の女子高生が【ろこどる】やってみた
4コマ漫画のアニメ化で、地方都市の流川市に住む主人公が近所で近々改装再オープンするプールに行くための水着を購入する資金を得るため、
市役所勤めの叔父の仕事関係のバイトをすることになった。仕事内容をよく聞いてなかったものの当日行ってみたら、その改装オープンするプールの
ステージショーに出演するということであった。嫌々ながらも、もう一人の出演者とステージをこなす。
これがきっかけで、そのもう一人の出演者とローカルアイドル(ろこどる)として活動していく。というもの。
1話見た感じ4コマ漫画のアニメ化っぽい感じではなかったが、見どころもあまりなく、これからの展望も期待がもてる感じがなかったので微妙。
垂れ流しにしたり、のんびり見るには良いのかもしれない。

ソード・アート・オンラインⅡ
同名ラノベのアニメ化2期で1期は絶大な人気を誇る。ソード・アート・オンラインは基本的に精神ダイブ型のゲームが主流という世界観で
1期前半では剣の世界・後半で剣と魔法の世界で、2期である今回は銃の世界のヴァーチャルリアリティMMORPG。
確か1期でヴァーチャルリアリティへの精神ダイブの方法については、1期前半の黒幕だった相手しか分かってない部分が多いという設定だった気がするんだけど
どんなゲームも精神ダイブ型になってるのは物語進行上流すとして。
今回の1話のイントロとしては、ガンゲイルオンラインという銃の世界で、オンラインTV出演中のトッププレーヤーの1人がオンラインTV出演中に死亡する。
ここまでなら普通の病気もあり得るが、同時刻オンライン内の酒場で放送中のオンラインTV放映映像に向かって銃を向けて射ち、自己の犯行である旨宣言する様子が目撃される。
これでもまだ偶然で済みそうだが、もう1件同様の事例が起こっているというので、その事件の調査をVRMMOに詳しい主人公へ依頼がなされる。というもの。
俺TUEEEEEEEとリア充恋愛だけで構成されたような1期から2期はどうなっていくのかというところが見どころなのかな。俺TUEEEEEの部分は変わらないとおもうけど…
人気作品であるため、作画・描写等は良く出来ているので視覚を刺激する内容になっていることは間違いない。

アルドノア・ゼロ
オリジナルアニメーション作品で、分割2クールの放送予定となっている。アポロ計画の最中に月で地球と火星を繋ぐ古代文明の遺産「ハイパーゲート」が
発見されて、地球は火星へ調査団を派遣する。火星が開拓されていくにつれ徐々に火星の開拓民と地球側の軋轢が増加する。
その後開拓民の指導者的立場の人が皇帝を自称し、火星に「ヴァース帝国」を建国、2代皇帝が地球へ宣戦布告するも、突如ハイパーゲートが暴走を起こし
月が砕ける大惨事「ヘブンズ・フォール」が発生。2代皇帝の戦死も伴い、地球と火星間で休戦協定が結ばれたという背景設定。
背景の設定の期間が30年くらいの間の出来事で現在はその14年後の2014年という設定というから驚きではある。
1話で背景事情についても触れられていたが、1話の内容としては和平交渉中の地球へ火星の皇女が親善大使として降り立って、そのパレード中に
テロリストによるミサイル攻撃を受けて、彼女は生死不明となる。火星側はこれを地球による宣戦布告と判断して、再度交戦へ。
地球と火星側の戦力比は作中の会話によれば圧倒的に火星側の方が強い様子。火星の帝国民もやたらと選民思想があって、地球を蔑んでいる様子。
50年も経過しない間の出来事としてはあまりにも色々進みすぎていて設定として微妙な部分が多い。書きたいことのために歪めてるみたいな印象。
それにしても、これ系のSF作品での月の被害率の高さはやばいですね。あとはハイパーゲートとかナデシコかな?みたいなどこかで見たことあるような感じもある。
設定の無理やり感を流せば、どうなるか期待のもてる作品。

ひめゴト
4コマ漫画のアニメ化。5分のショートアニメ。借金取りに追われる主人公はどこからどう見ても女の子にしか見えないほどかわいい男。
学校の前で借金取りに捕まりそうになっているところ生徒会役員3人に助けられて、借金の肩代わりを条件に高校生活を女装で過ごし、生徒会の犬になるこという取引を受ける。
5分なので4コマの起承転結を1話ずつでやっていく感じかな。1話で導入部分の説明を済ませたのであとは流れでやるだけという感じ。

アオハライド
同名別冊マーガレット掲載の漫画作品のアニメ化。現代の普通の高校が舞台の設定。主人公は中学時代、夏祭りの約束をしていた初恋(?)の男に
夏祭りの約束をすっぽかされたまま転校されてしまう。中学時代はそのまま終わり。高校へ。高校で3年ぶりに主人公の前に現れた初恋(?)の男は
苗字が代わり、性格も声(放送では変わってなかったけど変わってるという設定という意味で)も変わってすっかり別人になっていた。
そして・・・2人の恋が動き出す。
少女漫画のアニメ化に外れ無しの言葉がある通り、少女漫画は動きが少なく心理描写が多い+内容は現実にはありえないようなある種理想を投影したファンタジーなので
作画も崩れにくいし、線をぼかして背景を強調したりとかもできる。少女漫画でアニメ化されるのがかなりの人気作品でないと無理なことから当たりになるのが至極自然な流れなのだ。
アオハライドも多分にもれず当たりと言える作品になると思われる。中学時代の部分を少しダイジェストで飛ばし過ぎた感はあるが、とりあえず1話としては良い出来だった。

さばげぶっ!
同名なかよし連載中漫画のアニメ化。女子生徒達が部活動としてサバイバルゲームに興じるギャグ漫画。痴漢被害にあっていた主人公は同じ高校の先輩に助けられる。
その先輩は「さばげ部」というサバイバルゲーム部の部長で、主人公を気に入り半ば強引に主人公を入部させる。
そもそもギャグ漫画であるので、まともなストーリーというものは無い。(サバゲでストーリーというと某主人公クズ化事件アニメがあるので無い方がいいのかもしれないが)
1話ではギャグがコマンドー(アーノルド・シュワルツェネッガー主演映画)や他作品のパロといった感じだった。
見るとしても流し見かな。

グラスリップ
オリジナルアニメーション作品で、PAワークス制作(前々期の凪のあすからを制作したところ)で田舎街を舞台にした男女6人の青春劇?なのかな?
とりあえず1話見ては見たんですが、ほとんど登場人物紹介で終わってる割に、何かちぐはぐで何をしたいのかって部分が全く見えない感じ。
1話の内容としては花火を見に行く昔ながらの友達4人(男2・女2)、ここで微妙にこの4人間の恋愛感情部分を提示(男Aが女Aを好きで女Bは男Aが好きで嫉妬中みたいな)。
花火の夜が終わり、舞台は一転寄り合い所なのか集合住宅的なものなのか、よくわからない家のような場所へ。そこで昔ながらの友達(女1)追加、男Bは女Cが好きな模様。
また舞台がかわり、学校のようなところで主人公(女A)が写生していると、転校生の男に話しかけられる。この転校生の男が凄く馴れ馴れしいのと、天然というか不思議な感じ。
その後、また舞台が集合住宅?のような場所へ移りそこへ主人公が現れて…っていう。書いてても話がとっちらかってるなって思う感じ。
昔ながらの5人組とその人間関係を壊す転校生と妙な描写があったので超能力?的なファンタジー要素が含まれてる部分が話のミソなのかな。
2話見ないとなんとも言えない\(^o^)/1話段階ではかなり低評価。

少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49-
同名小説の15年後を舞台としたオリジナルストーリーという珍しい形態。原作者自らシリーズ構成を担当しているらしい。背景は現代日本。
1話としては、昔伝説のアイドルユニットと呼ばれた「少年ハリウッド」が活躍していた劇場に集められた10代の少年5人が新生少年ハリウッドとして
活動していくという内容。
なんか凄いはずかしいアイドル用のキャッチフレーズ入り自己紹介みたいのしてたり、謎の発言が次々飛び出したりとか
クソアニメ臭がプンプン香ってくる感じでした。その手の愛好家の人はぜひみてみるといいでしょう。

東京喰種(トーキョーグール)
週刊ヤングジャンプ連載中の同名漫画のアニメ化。現代の東京が舞台で、現代と異なる部分としては人の姿形をとりながら
人肉を喰らうことで生きる喰種(グール)が存在して、その喰種を悪害生物として即時排除する部隊や法案が成立しているという点。
1話では、主人公が恋した女性とデートしたところ、その女性の正体は喰種で襲われる。しかし既に息も絶え絶えのところ喰種に鉄骨が落ちてきて食われることはなくて済む。
ところが病院に運ばれた際、その喰種の女性と同時に運ばれ、喰種の女性の臓器を移植されてしまう。その手術の影響で半喰種となった主人公は人間と喰種の間で苦悶する。
と言った感じ。1話は作画・描写ともによかったのと、展開をかなりはやくしてテンポの良い感じで見るものを惹きつけるものがあった。
1話としては満点に近いものがあるんじゃないかな。冒頭のアニメオリジナル部分も、原作の補完として機能してるし全く問題ない感じ。
ただダークファンタジーものなのでグロ描写が多くなってしまうので敬遠シたくなる人もいるかも。
あとはアオギリの樹編までは展開がちょっと鬱っぽく進むので見てると辛いかもしれないのが問題か・・・。

残響のテロル
オリジナルアニメーション作品で、音楽を菅野よう子さんが務めている。背景は現代日本で、異なる部分は殆どないと言っていいだろう。
1話では、まず核燃料の再処理施設らしき場所で、ある2人組によってプルトニウムが強奪される。そこから舞台はかわり、2人組の少年が高校へ転入して入っていく場面へうつる。
2人組の少年が恐らく冒頭のプルトニウム強奪犯らしく、何かしらの計画を立てている様子。この2人組が転入した学校の学校行事で東京都庁へ訪問した際、
彼らは爆弾テロを決行する・・・
話だけ見ると荒唐無稽というか、かなりぶっ飛んでる感じではあるが、このアニメは作画が本当に凄い。作画が凄すぎて劇場版かと見間違うレベルで凄い。
荒唐無稽に見えるストーリーに説得力を与えられるだけの作画がされている。興味はなくても一度見る価値はあると思う。
これからの展開は2人組の少年のテロの目的や、図らずも共犯者となった少女がどうなるかという点が気になるところ。
何はともあれ1話時点では見るものを引き込める力を遺憾なく発揮していたと思われる。

黒執事Book of Circus
同名漫画「黒執事」を原作としたアニメ化作品。既に1期・2期とされていて、今回は3期と言っていいシリーズとなるが、ストーリー・設定の一部が直接的に1期・2期とつながってない部分があるので
3期から見ても問題ないと思われる。背景は近代イギリス。舞台は悪魔と契約したある名家の当主(といっても子供なのだが)の話。
黒執事という所以は、当主と契約した悪魔が執事として勤めていて、悪魔で執事であることからのネーミング。
英国女王と親交の深い当主と、そこから来る様々な事件に執事と当主がどう当たるかというストーリー。衣装デザイン等見どころはあるかもしれないが腐向け。
1話は殆ど1期の1話と同じような感じでキャラクター紹介のようなもので終わった。

東京ESP
同名漫画のアニメ化。舞台は現代日本ながら、様々に異なる部分があり、超能力や霊能力といった類の能力が広く存在するものとして認知されており、また認知されるだけの
特殊な能力をもつものも数多く存在する世界である。1話冒頭では過去に放映されたアニメ作品喰霊ー零ーで見たことのある人々も登場する。同じ世界観の中の話ということだろう。
1話では、冒頭からいきなり超能力者集団が国会議事堂を占拠、宙に浮かせるというテロを起こしており、東京のあらゆる場所で超能力者による犯罪が起こされていた。
通常兵器等では彼らの存在に対抗しうべくもないことが演出として流されたのち、対抗する集団である超能力者による対超能力者集団のお披露目までで終わった。
基本的にはSF要素と格闘・戦闘要素を主体とした作品で、テロの目的や首謀者のテロを起こした理由等を掘り下げていくストーリー構成と思われる。
ただ、ちょっと超能力者を万能気味に演出しすぎで、冷める部分もある。純粋な戦闘物として見れば楽しめるのかもしれない。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 2wei
同名漫画のアニメ化、Fate/stay nightからのスピンオフ作品でもある、といっても、Fate/stay nightと同じようなキャラクターを使っているのみで、その他の世界観はかなり変更が加えられている。
作品としては2weiということから分かる通り2期目。ストーリーは強引に魔法少女にされた主人公が様々な指令をこなすというもの。
1話では、1期で終わった危険なカード回収の次に起きた問題である新たな大きな指令への導入部分であった。
1期見てないので継続視聴する気もないが、キャラ萌えアニメ化と思えば、どちらかというと激アツバトルものだったりするらしい。
あくまでらしいなので実際のところはどうかわからない。

ヤマノススメ2ndシーズン
同名漫画のアニメ化2期。1期は5分1話の11話かそれくらいだったかな?Youtubeを見ればたぶん全部あると思うけど、女子高生が登山を主題にヽ(・∀・ )ノ キャッ キャッする話。
今期から15分アニメになって、少し話に幅を持たせることができる感じ。ショートストーリーを見る感じで(=゚ω゚)ボーって見ると良いアニメかも。

スペース☆ダンディ シーズン2
オリジナルアニメーション作品の2クール目。元々2クール予定だったので2期というよりは1期の続き。宇宙が舞台のコメディ作品で、宇宙人ハンターの主人公が、使えない旧式ロボットや、マヌケなもう1人の船員と一緒に
さまざまな宇宙人や事件と遭遇したり、謎の勢力に追い回されたりするというもの。
動きのある作画が丁寧だということもあり人気のある作品。ストーリーは適当でも気にならなくて、作画を見る人なら見るのもありかも。

LOVE STAGE!!
同名漫画のアニメ化。背景は現代日本。超のつく有名芸能一家に生まれた主人公は、男の子ながら幼少期に一度少女役としてCMに出演する。そのCMは結婚式のCMで、新たな企画として月日が経過した面々で
もう一度結婚式のCMを撮ろうということに。主人公はそのCM以降は芸能界が大嫌いだったが、好きな物と引き換えに今一度女装してCMに出演することに。
女装男子×イケメンみたいないかにも腐な感じのラブストーリー(?)。
実はこのアニメの原作者が親縁にいるらしく、DAIGOが主人公の兄役として声優出演している。DAIGOはDAIGOだったけど微妙に上手くて笑った。

月刊少女野崎くん
同名4コマ漫画のアニメ化。4コマ漫画というものの、ストーリーとして展開しているのでアニメ化しても特に問題はない。背景は現代日本で、男子高校生でありながら人気少女漫画家の野崎くんとその野崎くんに
恋をしてしまったものの上手く伝えられずアシスタントとなった主人公を中心にして周りの人々との関係もコメディ気味に描いている。
基本的にはギャグ漫画のアニメ化といってもいいので、ギャグと恋愛の比率で言うと圧倒的にギャグの比率が高い。テンポもとてもいいので見てて楽しい。
少女漫画のアニメ化かな?なんて敬遠せずに見てほしいところ。

六畳間の侵略者!?
同名ラノベ作品のアニメ化。背景は現代日本。1話で事の起こりがすべて説明されていたので書いていくと、父の転勤によって高校入学と同時に一人暮らしをすることになった主人公は
月5000円・敷金礼金無しの格安物件へ入居することに。最初は目に見えなかったが、主人公がある事情で怪我をした後、部屋に住み着いている幽霊が見えるようになる。
見えるようになった幽霊はその部屋の所有権を主張してきて言い争いになるも、その途中自称魔法少女の少女が窓を突き破って突入してきて、魔法場がたまってるので部屋から退去しろとせまったり、
またその途中で地底人の末裔が、その次は宇宙人がと次々と部屋を占拠しようと入ってくる。その闖入の結果大きな音が何度もなったことにより、大家があがってきて
部屋がボロボロになっているのを見られてしまい全員ボコボコにされて、以後のことについて協定書を書かされることになる。さて、部屋の占拠を果たすのは誰か・・・というのがストーリーかな。
Theラノベッて感じのしっちゃかめっちゃかの女キャラパラダイスって感じだけど、何もかも適当で見る気はあんまり起きないかな。

モモキュンソード
パチンコのCR「桃キュン剣」からラノベ化したもののアニメ化。桃太郎は女の子だったという女体化シリーズにあたる。1話では桃から生まれた桃子が剣の修行を犬神・雉神・猿神としていたところ
鬼の軍団が襲来し、里のお宝が奪われそうになったところを、犬神を自身に憑依合体させてパワーアップして敵を倒して取り戻すことができた。世界にある村のお宝と同じような宝を鬼達が狙っている
ことから、天界をすべる神に願われ鬼たちからお宝を守るため旅立つことに・・・。というものだった。
特に見どころもなさそうなストーリーでこれで女体化してなければ朝アニメで流せそうな感じ。誰得なんだろうな(; ・`ω・´)

DRAMAtical Murder
元はBL系のアダルトゲームで後にPSvita用ソフトとしてもリメイクされているゲームソフトのアニメ化。一応舞台は日本といっていいんだろうか。時代背景は恐らく近代未来。
1話では基本的に人物紹介。物語の発端として主人公であるジャンクショップでアルバイトする青年が、速達指定の荷物を頼まれて配達先に向かったところ
その指定先は何もない場所で途方にくれていた。その時、光に包まれて不思議な空間に入りこんでしまう。どうもそこは電脳オンラインゲームの中らしかったが
出ようにも出れず、戦闘するしかない状況に陥ってしまう。と、ストーリーとしては全然何も示されてないので予想しようもないが、戦闘が主体で進んでく感じかな。
BL系ということで美少年が多いが、それ以上に気になるのは色彩と服飾センス。近未来感を出すためか凄い尖らせすぎててこれは・・・ってなってしまうw
1話見た限り面白いとも面白くないともいえない。でも2話目も見ようとはあんまりならない。そんな感じ。

美少女戦士セーラームーンCrystal
同名漫画のアニメ化、セーラームーンのリメイク作品。超有名作品なので説明は不要だろう。
1話については、ほぼ原作通りな感じに進めていた。うさぎちゃんだけ声がそのままなことに無理すんな!とも頑張ってるな。とも両方思ってしまう複雑さ。

人生
同名ラノベ作品のアニメ化。人生相談アニメーションということで、背景は現代日本で特に異なる部分はなし。
1話をいくつかの人生相談と、それに対する文系・理系・体育会系の答えから一番良いと思われる回答を導き出すという構成。
極論vs極論vs極論のコメディチックな人生相談の回答を楽しむアニメ。何も考えないで見るくらいがちょうどいいかもしれない。

ハナヤマタ
同名漫画のアニメ化。舞台は現代日本。1話では何もかも平凡の一言に尽きる女子中学生が何かしらの変化を求めるも、変化のきっかけが来ても避けてしまう
変化のきっかけとなったのは、アメリカからの留学生で、この留学生はよさこい踊りに魅了されて日本にきた少女である。
留学生の少女は長年の夢である日本でよさこい踊りをおどるという夢に一直線に突き進んでおり、その姿に共銘を覚えた主人公は留学生と共によさこいを初めてみようかと思う。
何かネット上では、漫画で屋根の上で踊っていた部分が鳥居の上で踊っていることに変更されたことについて文句をいう人も多いみたいだが
アレは妖精のように留学生の少女を見せるための強調演出の一部と見るべきだと思う。そんなこともあったが、1話としては普通な感じ。

まじもじるるも
同名漫画のアニメ化。舞台は現代日本。1話ではオカルトサークルに所属する主人公が偶然見つけた魔術書のちからで願いを叶える「るるも」を召喚してしまう。
しかし、その代償で生命を奪われると知り慌てるも、るるもが規則違反を犯したことにより、るるもは禁錮130年の刑になり契約は無効となったので生命は奪われずに済んだ。
だが、そのまま捨て置くこともできず助けてしまう。結果るるもは助かり魔界に帰っていった。その後だいぶ経過して、主人公の前にまたるるもが現れた。
るるもによれば、魔女の修行をしなおすことになって、主人公に「魔法のチケット」を使い切らせることとなったらしい。その「魔法のチケット」の正体は主人公の命そのものなのだが・・・
という大まかなストーリーが示された。主人公は恋人もできたことがないため、すべての願いをエロイことに使う系の主人公なのでその辺のギャグが見る所かな。
全然おもしろくはなかったが、クソアニメ愛好家には好かれる要素があるのかもしれない。

Persona4 the Golden ANIMATION
ペルソナ4というゲームのアニメ化作品。多彩なメディアミックス展開の中の一つ。Persona4 the Animationが一応アニメとしては1期となるんだろうが、Persona4 the Golden ANIMATION
はPSVitaで発売された同名ゲームのアニメ化でもあり、違う世界線というか、登場人物は同じで展開が違うみたいな1期改といった感じ。なのでここから見ても問題ない。
1話は田舎町にある親戚の家に一時的に預けられることになった高校生の主人公が、真夜中テレビという夜中にTVをつけていると未来が見える的な噂を信じ見ていたら
本当に何か映ってTVに触れようとしたらTVの中に入れることに気づく。その話をして高校の友人とともにショッピングモールにあるTVへいくとこちらでも普通に入れそうなので
入ってしまう。TVの中は謎の空間になっていて謎の敵が現れる。そこで主人公のペルソナ(ジョジョのスタンドみたいなもの)が目覚め敵をバッタバッタと倒していく。
まさにイントロって感じ。TVの中の謎の空間とペルソナ、それに加え登場人物紹介といったところ。
既プレイ者或いは1期のPersona4 the Animationを既に見ててある程度知ってる人の方が楽しめるというか、まるで周回プレイしてるような主人公の強さとか
いろいろと知ってる方がおもしろみがあるところも多い気がする。

Re;ハマトラ
アニメ・漫画同時展開のメディアミックス作品。超能力をもった探偵業の少年達がいろいろな事件を解決していく話…というのが1期1話を見た時の話だったが、
1期が物凄い雑な作画且つ展開も適当&適当を繰り返してなんじゃこりゃ!状態だったものの2クール目…どうして続けたのか。
2期1話も多分に漏れず作画は雑目で、主人公が死んでしまった設定(必要性が見いだせない)で実は生きてましたーをやってのけた。
某クソアニメ愛好家のGメンによるとかなりの秀作であるらしい。1期は何故か全部見てしまったけど2期はどうしよう・・・

ばらかもん
同名漫画作品のアニメ化。背景は現代日本で、書道家である主人公は、作品の受賞記念パーティで自作を酷評したお偉いさんを殴ってしまう。見かねた父親に人として大事な部分を見つめなおさせるため
自然豊かな離島へ送り込まれてしまう。1話では、送り込まれるまでをパッとやって、送り込まれた島の自宅となる場所であった天真爛漫な少女に振り回される主人公と、その少女との出逢いから
少しだけ自分を見つめなおすきっかけを得るというものであった。田舎ものの田舎あるあるみたいなのから、ほんわかのんびりした感じのあるコメディチックなハートウォーミングストーリー。
主人公の心の成長と、島民との触れ合いなどが見どころと言える。とても安心して見れるし、心が安らぐいいアニメ。

戦国BASARA Judge End
同名格闘系ゲーム作品のアニメ化。戦国と聞いて分かる通り、出てくる人物はすべて戦国時代の人物である。しかしながら、格闘系ゲームが元であるため、将軍格の力が抜きん出ており
その容姿や武器も史実上のものとは全然異なる。本多忠勝なんかはロボになっているほどだ。1話を見た限りまたはじめからやるのか、
豊臣秀吉が徳川家康に倒されて、石田三成が悲嘆の叫び声をあげるまでであった。格ゲーのアニメ化に成功無しと言われる通り、今回もファン向けでしか存在しないだろう。

信長協奏曲
同名漫画のアニメ化。1話のあらすじとしては、勉強も苦手で凄く楽観的な主人公がひょんなことから戦国時代にタイムスリップする。そこで出会った自身の風貌とそっくりな
本物の織田信長に自分の身代わりになるように頼まれ信長として生きていくことに。史実改変ものというよりも、史実に沿わせながら色々な部分を弄る系の
歴史な曖昧な部分を利用した作品。史実に詳しい人から見るとなんだそれ?というような内容もありつつも、ある程度の説得力がある程度に抑える感じになっている。
3Dキャラみたいな感じに書かれているのと、キャラクターデザインが苦手な人はいるかもしれない。(*゚‐゚)ぼぉー・・って見る分には良いアニメ。
のめり込むような感じもなく普通に見れるといったかんじか。

アカメが斬る!
同名漫画作品のアニメ化。背景は完全に別世界で、科学技術的には中世~近代にかけてと言った感じか。1話では帝国の圧政に苦しむ村を救うべく村から3人の少年少女が出発して、
はぐれた1人の少年が帝国へ入り、そこでテンプレ的に士官話の挫折及び詐欺で一文無しになってしまう。その後、道端で途方にくれているところを貴族の少女にたすけられる。
貴族の少女の親に士官の口添えもしてもらえることとなり、それまで少女の護衛兼雑用をすることに。買い物に行った際富裕層を狙う殺し屋集団が存在する話を聞いた後、
助けてもらった貴族の家にも殺し屋集団が来てしまう。殺し屋集団に主人公を助けてくれたこの貴族一家は、主人公のような帝都に迷い込んだ人を監禁・拷問し、その上で
殺戮するというサディスティックな猟奇的な一家であることを知らされ、更に主人公と同じく村を出発した幼馴染2人が拷問の上殺されたのを見て、主人公は貴族の少女を一斬りのもと
葬り去る。その後殺し屋集団にスカウトされた主人公は一体・・・というのがこの続きのストーリー。
必殺仕事人みたいなダークヒーローものの作品っぽい。勧善懲悪というわけでもなく悪を持って悪を討つといったものだが、様々な鬱憤を主人公達が切り倒していくのが見どころかな。
1話としては意外性もあったし、結構面白かった。2話からは若干意外性が落ちて必殺仕事人よろしく似た展開が続くと思うので見るかどうかは、こういう作品が好きかどうかによるかな。

精霊使いの剣舞
ラノベ原作のアニメ化。背景は完全なファンタジー系の魔法や精霊の存在する世界で、科学技術的なものは特にないが、服装とかはかなり整ってるっていう大体いつものパターン。
1話では、冒頭で唐突に偶然による覗き⇒弁明するも激怒され気絶というテンプレをし、主人公が覗いた少女が契約しようとしていた精霊を少女をたすけるため契約してしまうというテンプレ。
その後本来処女だけがなれる精霊使いの学校に転入する。転入後のドタバタについてもだいたいテンプレ通り。ゼロの使い魔みたいな・・・(*'へ'*) ・・・
今後は剣舞祭とかいう格闘大会みたいのに出ることになってるみたいだけど|∀・)・・・・・
設定からも分かる通り、ハーレム展開もの。原作は面白いらしいけど、挿絵くらいならいいけど視覚化してしまうと一気に陳腐になってしまう系の作品かなぁ。
10年前くらいならまだ何の抵抗もなく見れたのかもしれないが、こういった作品が展開されすぎたせいで若干食傷気味になっているのかもしれない。

2014年夏アニメの総合的な感想
ガンガンオンラインやゲッサン等のメジャー雑誌から少しずれたところで連載して人気を伸ばしてきた作品のアニメ化とかが多い。
そしてそういうコミック系の作品はギャグや日常展開が多くて、オリジナルアニメーションにストーリー物が多い感じかな。
オリジナルは原作に囚われなくて良い分脚本力が問われるけど、今期のはどうかな。
1話で切ってしまうような作品も少なかったかも▒▒▒|ョ'ω'〃)


1話段階での個人的評価は以下のような感じ

S 東京喰種 ,残響のテロル,月刊少女野崎くん,ばらかもん
A アカメが斬る!,Free!
B アルドノア・ゼロ,ヤマノススメ2ndシーズン,信長協奏曲,アオハライド
C 人生,美少女戦士セーラームーンCrystal,Persona4 the Golden ANIMATION,
スペース☆ダンディ2,白銀の意思 アルジェヴォルン,RAIL WARS,ハナヤマタ
D 東京ESP,Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 2wei,ソード・アート・オンラインⅡ,
普通の女子高生が【ろこどる】やってみた,グラスリップ,黒執事Book of Circus
E 幕末Rock,六畳間の侵略者!?,モモキュンソード,さばげぶっ!,LOVE STAGE!!,Re;ハマトラ,精霊使いの剣舞
F 少年ハリウッド,まじもじるるも,戦国BASARA Judge End,ひめゴト


量多いな( ^ω^)・・・


2014夏アニメ②
スポンサーサイト

ついったー

リンク

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数