名言(?)録



present by 色々

お知らせ


称号クエストを見に来た方はこちら

完美国際のことがとがそのまま日本に来るとは限りません。 日本においては変更されている可能性もあります。 何を信じ何を信じないかは自己判でお願いします

ブログ内記事まとめリンクより、
褒章表・新8階級・新スキル・黒夜伝説まとめ・森の遺跡
フリーソフト・動画編集の各ページへのリンクがあります

ブログは国際情報つまり先取り・ネタバレを多く含みます。 若し、他の方に当ブログに掲載されている情報を伝える場合は 先取り・ネタバレが嫌いな方もいること、曖昧な情報であることを 留意してくださると幸いです(*- -)(*_ _)

最新コメント

プロフィール

rustlast

Author:rustlast
主にPerfectworld-完美世界ーでの出来事、
日々の生活で思ったこと等を徒然なるままに書いてます
コメは誰からでも歓迎しますヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

完美世界
Main:Rusticana 暗殺師(ベテルギウス鯖)
sub:cruade 戦士(プロフ絵はコレ)  
他多々

youtubeアカウント(クリックで飛びます)

カテゴリー

openclose

某SSの勇者「魔王倒したし帰るか」

Category : 日記
こんばんは!寒い!寒すぎる!
なんとかならないのこの寒さっ

少し前になるが
Xさん
アホの子
がスカで
SSの勇者「魔王倒したし帰るか」  
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51647131.html
を紹介してて読んでみた
読み物としては面白かったし
色々人にもアドレス張ってみたりしたけど
泣いたとかいう話を聞くと
どうにももやもやしたものがあった



で、その理由について


寝る前に思い出しながら考えてたら
色々思いついたのでメモってみた
↓ネタバレ多く含むのでSS読んでない方で読む気のある方は気をつけて
なぜかもやもやした理由(`・ω・´)
1:勇者の行動の背景
この物語には、色々とリアリティを埋め込む要素として
魔法についての制限や、ドラクエでいうところの
教会での生き返りについての制限などが書かれている
回復薬系についても同様だ
しかし、そういう戦闘における部分をリアルにしているのみで
勇者の魔王を倒しに行く動機が全く描かれていない
魔王を倒すのが、物凄く苦しいものであるならば
それ相応の動機が示されなければ
勇者の行動に説得力が出ない。

2:旅を急がざる得ない理由
旅を急ぐことも不自然である
そもそも、敵が強くなるのなら
RPGで言うところのレベル上げが必須だ
魔王に近づくにつれて敵が強くなると語るが
そのような状況は旅をしていれば
早めの段階で容易に想像が着く
そのような状況であるにも関わらず
強くなろうともせず
とりあえず進むというような意味不明な行動
モンスターに殺されたら
この世のモノとは思えないような
苦痛が待っているというのにも関わらず
楽勝で勝てるようにしてから進まない謎
全くもって理解しがたい

3:魔王を倒さなければならない理由
そもそも何故魔王を倒しに行くの?ということもある
人々が苦しんでいるからと、言っても
この物語の人々が魔物に苦しんでいる様子は皆無である
苦しんでも無いのに倒しに行くのもおかしな話しだ
他の国についても同様で
モンスターが他国侵略を阻む
壁程度にしかなっていないという
魔王は何をしているのか
魔王は何か侵略行為をしているのか?
人間を襲うから倒してるだけなのか?
魔王を倒せば人間が魔物に襲われることはなくなるのか?
弱った体で隊商たちを殺しているところからすると
隊商たちは護衛の戦士等も雇っていなかったと推測されるが
護衛の戦士達すら必要が無いような
町の外や砂漠地帯であるというのに
魔物が存在してて、それに襲われる人々が多いというのか?
全くもって不可思議である

4:死なない=倒されることがない
劇中最終で勇者は不死身の肉体となり
王国を滅ぼしているのだが
不死身だから1人で国を滅ぼせるというのもどうなのか
不死身であろうと死なないだけだ
死なないことは倒されないこととイコールではない
不死身で強力な力を持った人間1人
疲れないわけでもない
物量で攻めれば簡単に捕らえることができるだろう
死ななければ捕獲し、何の力も行使できないようにし
地下にでも閉じ込めておけば済む話なのだ
途中の城で普通に投獄されたりしている時点で
大勢には敵わないことがわかるし
魔王を倒したからといって
不死身になっただけで、そもそもの戦闘力にはさほど変化がない


5:魔王が勇者の存在を知る謎
劇中において
勇者が町に疎まれる理由として
勇者の存在を許せば
いつ何時魔物に国や町が襲われるかわからない
というものもあった
では、魔王はいかにして勇者の存在を知ることができるのか
旅をする人間をすべて監視し
心の中を読み取っているとでもいうのか?
襲われた実例等があるのか?
そのように恐れる理由も必要である
なぜか恐れられてなぜか迫害される勇者


6:勇者とは何か
5に関連して、勇者とは何かも問題となる
勇者というのは基本的に魔王を倒した存在や
それに近い実績を有する者
もしくは、それらの実績を有する家系の者である必要がある
家系がそうであったとしても
勇者と呼ばれるには、それなりの実績か
それなりの恐怖からの救済を求める事情が必要だ


7:結末の不自然さ
最後に結末で、他の誰かに倒される的な描写があるが
この勇者は一人で国を滅ぼしたのに
誰が勇者を倒しに来るのか
恐怖政治でもしいて
魔物狩りでもしたのか?
その場合国を滅ぼしたことと矛盾するし
国を滅ぼした後
この勇者の存在を許さない存在とは何か?
物語はループするとでも言いたいようだが
従えている家来もいず
誰が倒しに来るのに苦労するのだろうか
一人で佇んでいるだけではないか

結論として、ファンタジーの中にリアリティを持ち込んだは良いが
リアリティの持込が中途半端過ぎて色んなところに歪が出てるということかな
キャラクターの行動に理由付けが為されてないのは致命的ともいえる

コメ欄では
痛烈な批判とともにこんなものも載っていた
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=8977973

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=6475111


どうしても魔王を倒さねばならない事情があるなら
王「本気で魔王倒す」勇者「えっ?」

http://elephant.2chblog.jp/archives/51789927.html

こんな感じになるのではないか(*´'Д')

SS(ショートストーリー)で市販されているものでもなく
その時の思いつきで書いたものらしいので
そのような背景事情までは考えずに書いたのかもしれないが
面白かっただけに残念(#´ー´)旦


と、今日はこれくらいで(。◝‿◜。)
明日は小ネタと今後の予定について書く予定
マタネッ(*^-゜)/~Bye♪
関連記事
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

うーん、全体的にずれすぎているというか、あまり読解力のない人なんですねぇ・・

No title

>名無しさん
具体的にお願いします。

No title

具体的にというと、あなたのサイトや文章の批評ごっこでは一生涯かけてもこれほど心に残る文章は打てないということです。

またそれさえも自覚さえしていないということが原因ではないでしょうか?

No title

>名無しさん
心に残る文章を打つことと文章で不自然な部分があると疑問を呈すことは全く別のことです。
読解力と文章力も別物です。
誰でも自分が気に入っている文章を批判されると面白くないこともわかります。
だから、あなたが心酔してる文章に水をさしてしまったことは謝ります。
謝った上で、具体的にどこをどう読めばこの記事で書いた疑問が解決するか教えてください。

7番は違うだろう。こうして最強の勇者になった後、今度は視点を逆から見て、勇者が魔物サイドにとって最強の魔王(勇者)になり魔物サイドのいろんな勇者(魔物)が狩りにいくってことだろ
非公開コメント

  

ついったー

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者数