名言(?)録



present by 色々

お知らせ


称号クエストを見に来た方はこちら

完美国際のことがとがそのまま日本に来るとは限りません。 日本においては変更されている可能性もあります。 何を信じ何を信じないかは自己判でお願いします

ブログ内記事まとめリンクより、
褒章表・新8階級・新スキル・黒夜伝説まとめ・森の遺跡
フリーソフト・動画編集の各ページへのリンクがあります

ブログは国際情報つまり先取り・ネタバレを多く含みます。 若し、他の方に当ブログに掲載されている情報を伝える場合は 先取り・ネタバレが嫌いな方もいること、曖昧な情報であることを 留意してくださると幸いです(*- -)(*_ _)

最新コメント

プロフィール

rustlast

Author:rustlast
主にPerfectworld-完美世界ーでの出来事、
日々の生活で思ったこと等を徒然なるままに書いてます
コメは誰からでも歓迎しますヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

完美世界
Main:Rusticana 暗殺師(ベテルギウス鯖)
sub:cruade 戦士(プロフ絵はコレ)  
他多々

youtubeアカウント(クリックで飛びます)

カテゴリー

openclose

あけましておめでとうございます【遅】

Category : 完美日記
新年明けましておめでとうございます。
1月も半月ほど経過してからの挨拶・・・遅い\(^o^)/

世間では大阪の市立高校で、バスケットボール部の顧問の教師から体罰を受けていた男子生徒が自殺した事件が結構な関心事になってるみたい、その事件に関して「強い部にするためには体罰は必要」とか、「僕も卒業生。正直、僕らの頃はもっと厳しかった。先生だけの責任じゃなくて、 親の責任だと思う。友達を作ることも大事ですし、そういう友達がいたら、手を差し伸べるように 言ってやるのも親の役目。先生はこれからも大変だと思いますけど、頑張ってください。僕は応援します」 とか言う人もいるみたいですが、
こういう意見って、私は少し違うと思うんですよね・・・


と、少し長くなりそうなのでこの事件のことについては続きで述べるとして
完美の話題にうつろうかな (´・ω・)

完美はクイズ・人魚等の12月アップデートの10大イベント系が殆ど終了して
すっかり普通モード。
城南が空いてて良い感じです(*´ェ`*)

国戦関係で暗殺動かすこともそれなりに増えて
色々装備変えたりしたんですが。
次にする装備変更が・・・
①武器を新8の狂戦神×間隔or攻撃LV×間隔にする。
②鎧上に間隔2個つける
のどちらかという感じになってきて
いくらcoin掛かることやらって感じです('A`)
①にしたらちょっとは火力上がるけど、ちょっとのための費用が
移行費だのなんだのかんだのでえらいことになりそうだし・・・
②なんて2個にするのに無限大に近いお金かかりそうっていうorz
出来たら出来たで武器を武神にでもしないと意味ないなーっていうorz
|←詰み|     ┗(^o^ )┓三
そうだ剣士を鍛えよう!(現実逃避)

そういえば国戦の個人勝ち点関係でプレイしてて分かったことがあるので
ちょっと書いて見ると
まず国際官報記載分が以下
【与えたダメージ】
【受けたダメージ】
【敵を倒した数】

これに付け加え、何度かの国戦で分かったこととして
①戦闘の無い場合個人勝ち点順位は味方の魂力順となる
②旗掘り⇒旗運び⇒旗ゴールまでの点数は戦場の勝ち負けによらず200点固定
(掘りのみでも恐らく固定ポイントはあると思われるが、不明)


ちなみに以下は国戦マップ細分化後の集計図

軍資通宝の数とかは上がってるから導入時期によっては美味しいかもですね。


あと、国際の方はUPDは今のところ無しで
一説には1月16日ごろじゃないか?みたいなことも言われてます
スレッド上では次のスキル強化の内容について
嘘か本当かは不明となるものの、修正内容に触れられたものもありました
それが以下

戦士はマジボパワボに物理免疫・5行免疫(3秒)・新スキルで5秒間命中100%且つ無敵のスキル。
魔道師はオーラキャストの時間を10秒に。新スキルでHP90%元気50と引き換えで6秒間50%の装備攻撃力UPと20%クリ率UP(自爆スキル\(^o^)/)


妖獣は新スキルで15m範囲の敵のターゲットを自分に向けさせるもの。
妖精はイバラとリフレロザの有効場所の増加。レイズビーストの準備時間を1秒に。新スキルで1個の真元を消費して妖精の持続ダメージについて防御力を無視するデバフ。


弓は新スキルで4秒間攻撃をクリティカルにするもの
精霊はキュアFに9秒間の魔法攻撃力5%UP効果追加・ラウンドヒールに3秒ダメ20%軽減効果付与、新スキルで真元を2個消費して60秒間金系魔法攻撃ダメージを30%UPさせるバフ。


暗殺は、フォースハイドのクールを魂力依存にする。新スキルで3つ元気消費でクリ率30%回避率20%フォースハイド率100%成功のバフ。
魂術師はエフェクト2種のクールを3秒に。新スキルで1本真元を消費して、6秒間20%の魔法攻撃力UPと5行免疫獲得。


剣士はマテリアループに防御LV10・6秒間行動免疫。シンクロシフト射程を45mに。ターンソードに20元気消耗で、6秒間で元気50回復効果。新スキルで、攻撃防御LV1%増加バフ。
召喚はヴィップロールの魔法攻撃力を150%へ。ファストマジックを40%の詠唱時間減少効果・魔法攻撃力を装備攻撃力の200%獲得へ。新スキルで、1本真元を消費して、自身免疫状態5秒・植物免疫状態10秒獲得。

妙にリアルなのが嫌だ!www(≧∀≦*)www
国際スレッド上でも真偽については議論が分かれるところらしいです。

さて今日のところはこの辺りで
マタネッ(*^-゜)/~Bye♪

続きは上で書いたとおり体罰問題についての長々とした駄文( ゚Д゚)y─┛~~
大阪の市立高校で、バスケットボール部の顧問の教師から体罰を受けていた男子生徒が自殺した事件で「強い部にするためには体罰は必要」とか、「僕も卒業生。正直、僕らの頃はもっと厳しかった。先生だけの責任じゃなくて、 親の責任だと思う。友達を作ることも大事ですし、そういう友達がいたら、手を差し伸べるように 言ってやるのも親の役目。先生はこれからも大変だと思いますけど、頑張ってください。僕は応援します」 とか言う人もいるみたいですが、
こういう意見って、私は少し違うと思うんですよね。
「僕らの頃はもっと厳しかった」と言っても、今その人が部活しているわけでもなく、「もっと」と何故言えるのかが分からないですし、これを言った人がいつの頃の人なのかは分かりませんが、昔と現在の状況は異なる部分が多くあります。
体罰がある程度許され、教育の一環として親も教師に対し厳しく指導することを求めることもあったり、教師の地位が現在より余程高かった時代から、体罰に対して教育委員会等が厳しく目を光らせ、学校側も問題が起きないことを第一に考えるようになり、学級崩壊などに代表されるように、教師の権力が低下した現在へ。
このような状況の変化から、同じ体罰を行ったとしても、その効果は全く違うものとなります。
その効果はものすごく要約して言うと、以下のようなものです。
全員が平等に体罰を受ける可能性を有し、教師の権力が極めて高い時、その体罰を受け入れることも容易なものとなるのに対し、滅多に体罰を行えない環境下で体罰を受けるものは、より「何故私だけが」という思いにとらわれやすくなり、体罰を受け入れることが困難になり、それが体罰を受けるものをより精神的に追い詰めていく。
つまり、「昔は」大丈夫だったなどというのは、全くもって意味を為さない言葉なのです。
「強い部にするために体罰は必要」という言に対しては、元プロ野球投手の桑田真澄さん(44)が朝日新聞の取材に応じ以下のように述べている。
「私は、体罰は必要ないと考えています。「絶対に仕返しをされない」という上下関係の構図で起きるのが体罰です。監督が采配ミスをして選手に殴られますか?スポーツで最も恥ずべきひきょうな行為です。 殴られるのが嫌で、あるいは指導者や先輩が嫌いになり、野球を辞めた仲間を何人も見ました。スポーツ界にとって大きな損失です。
指導者が怠けている証拠でもあります。暴力で脅して子どもを思い通りに動かそうとするのは、最も安易な方法。昔はそれが正しいと思われていました。でも、例えば、野球で三振した子を殴って叱ると、次の打席はどうすると思いますか?何とかしてバットにボールを当てようと、スイングが縮こまります。それでは、正しい打撃を覚えられません。「タイミングが合ってないよ。どうすればいいか、次の打席まで他の選手のプレーを見て勉強してごらん」。そんなきっかけを与えてやるのが、本当の指導です。 」
スポーツライター、評論家及びプロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」の初代ゼネラルマネージャーで社長補佐を務めたマーティ・キーナートさんは星野仙一監督の鉄拳制裁について
以下のような内容の記事を書いてます。
「問題は、星野がユニフォームを着てグラウンドに現れると、まるでギャングのようにふるまいはじめることだ。相手チームや、自分の機嫌を損ねた配下の選手たち、さらには審判に対してさえ、肉体的な暴力に訴えるのである。
そして、私にとって何よりも信じがたいのは、日本の文化が大体において彼の暴力行為を受け入れ、黙認しているだけでなく……称賛に値するとさえ考えていることなのだ。
星野を「燃える男」と称え、彼の行為を「男らしい」と持ち上げるマスコミの報道には、本当にうんざりさせられる。彼がいかに暴力的で、ユニフォームを着ればまさに傍若無人、自分の思いどおりに振る舞い、社会的・道徳的ルールを無視しても許されると考えている──そんな人物であるという真っ当な報道にはいつ出会えるのだろう。」
結局の所、暴力行為は暴力行為でしか無いということです。
それが例えば、暴力行為に対する・極めて非道徳的な行為をした者に対する懲罰としてならば、
裁判を経ず教育者の独断を持って刑罰を行うような行為なので、絶対してはいけないことであっても、最善の選択として体罰を選ばざる得ないこともありうるという意味で一定の理解をすることもやぶさかではないでしょう。
しかし、スポーツの部活動における体罰とは、暴力行為に対する仕返しでもなければ、非道徳的行為に対する罰でもなく、単にミスをしたことや、気合入れのためのもの、気を抜いていたり、サボったりしたことに対するものであることが多い。
これが、どういうことかといえば、指導者の思い通りになるように、指導者に対して、上位者に対して絶対的な服従を強いるような性質のものなのです。ミスをするとなぐる・気合を入れると称してなぐる・気を抜くとなぐる・サボるとなぐる。真性のマゾヒストでも無い限り、殴られたくは無いので、殴る者に殴られないような態度を取るようになる。ミスをしないよう、気合を入れられないよう、気を抜かないよう、サボらないよう・・・軽い体罰の間は、殴られないようにしようで済む。
しかし厳しい体罰の後では、身体と心がボロボロになり、躊躇うことなく目の前の言葉に縋るようになってしまう。その者を絶対的な支配者だと思ってしまうのだ。
更に体罰を受けた後は、体罰を恐怖とした者であれば、その記憶に触れたくないため、それから遠のいた位置にいるだろうし、結果として何かしらの結果を得たものは、辛かった記憶のおかげであると思いたがり、体罰を肯定したがるであろう。
体罰という行為は、そういった意味で、マインドコントロールと何ら変わらない。
記憶に新しいところで言えば、体罰とは目的が異なるだけで、やっていることは 、尼崎事件において角田美代子容疑者が行っていたことと同様のことなのだ。

「強い部にするため」「才能の無い人間を引き上げるため」様々な言を用いて擁護する人はいるでしょう。
 これは日本の指導者層全般にいえることですが、教える側が自身の教える能力や、教え方について修正を加えたりすることは殆どないです。塾や予備校の講師などは、試験に合う勉強を教えれるようにテキストを適宜修正したり、万人に分かりやすい講義を心がけることも多いです。
しかし、私の経験上学校の教員達が、そのようなことをすることは無かったといっていいでしょう。時に、教えることを分かりやすいようにプリントでまとめたりする者もいましたが、やはりそこ止まりで、このプリントで分からなければしょうがないといった態度であることが多かったです。特にプライドの高い大学教授連中など目も当てられない。自身の講義する能力はさておき、生徒の成績の悪さを完全に生徒のせいとみてしまっている。少しも自らを省みるところが無い様子には落胆を覚えざるをえませんでした。その講義も、専門書を読んでれば分かることを聴きに講義に出てるわけでは無いというのに、専門書をなぞってるだけであったりするのだから、どうしようもない。
ハーバード大教授のマイケル・サンデル教授の「これからの正義の話をしよう」という新書を読んでみると、如何に受講生に自らがする話しに対する興味を持たせようと工夫しているのかが分かります。偶然夜中に映像でも見たことがありますが、口調や間もすごかったですね。講義内容そのものは哲学で、どうということは無いものでしたけど、話し方や聴講生への質問で全員をその話題に引き込むところとかとても面白かったです。アメリカでも大人気の講座らしいので、アメリカなら全部良いということではないでしょうが、もう少し見習って欲しいなと思いました。
と、少し話題が逸れましたが、何が言いたいかといえば「強い部にするため」体罰を仕方ないとするものは、自身の指導を改善しようとしたことがあるのでしょうかということです。より自身が苦労することの無く、自身の言った通りに物事が運ぶようにする体罰を是としているだけではないでしょうか。
人が自殺死ぬ事態へまで発展しているというのに、体罰が必要だという前にやることは無いのでしょうか。

以上(`・ω・´)
関連記事
スポンサーサイト

No title

新年一発目の更新おつです。
今年も色々と向こうの情報を楽しく拝見させていただきます(´ω`)
嘘か誠か、真に受けず見てるだけで楽しいです。


とりあえず、ペットでも妖精本体でもいから、何か上方修正はよ!って感じです。

No title

戦士の暴走はつづく・・・・

明けましておめでとうございます。

教師生徒と言えども人と人。
好きな教師の授業は成績優秀で
逆の場合はどんどん悪化して言った分かりやすい俺。
まだまだ公務員の領域は治外法権まがいの事が多く
この国は本当に法治国家なのか疑わしくなる一件だったね。
まぁ俺は教師であっても間違った事は絶対に許さず
食って掛かるヤツだったので余計に睨まれてたんだけどね。

話は反れたけど、今回初めて?潰れてないGを抜けた。
また暇そうなとこ見かけたらイジってちょ(*´ω`*)

あけおめことよろでっす

結局は変えたくないんでしょうね。
教えた側も教えられた側も、過去を否定することは
自分自身を否定することになるから嫌なんだと思います。
虐待を受けた子が、親になっても虐待をしてしまう様に・・・

とはいえ、小学生くらいの子に言うことを聞かせる為には
多少の体罰は必要かもしれませんが。

先生全員がミスターキンパチみたいな人だったらいいんでしょうけどねw

No title

>アルデ妖精さん
それくらい気楽に見てもらえると助かります(*´ェ`*)

>通りすがりさん
この通り来ると戦士酷いですよね

>Qさん
睨まれない程度に無視が一番です、はい
おおう、珍しい・・・潰れてから抜けるのが趣味だと思ってたのにっ

>スイリンさん
全員ミスターキンパチだとウザ・・・モゴモゴ/(^o^)\
非公開コメント

  

ついったー

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

訪問者数