名言(?)録



present by 色々

お知らせ


称号クエストを見に来た方はこちら

完美国際のことがとがそのまま日本に来るとは限りません。 日本においては変更されている可能性もあります。 何を信じ何を信じないかは自己判でお願いします

ブログ内記事まとめリンクより、
褒章表・新8階級・新スキル・黒夜伝説まとめ・森の遺跡
フリーソフト・動画編集の各ページへのリンクがあります

ブログは国際情報つまり先取り・ネタバレを多く含みます。 若し、他の方に当ブログに掲載されている情報を伝える場合は 先取り・ネタバレが嫌いな方もいること、曖昧な情報であることを 留意してくださると幸いです(*- -)(*_ _)

最新コメント

プロフィール

rustlast

Author:rustlast
主にPerfectworld-完美世界ーでの出来事、
日々の生活で思ったこと等を徒然なるままに書いてます
コメは誰からでも歓迎しますヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

完美世界
Main:Rusticana 暗殺師(ベテルギウス鯖)
sub:cruade 戦士(プロフ絵はコレ)  
他多々

youtubeアカウント(クリックで飛びます)

カテゴリー

openclose

2014年春アニメ1話済んでの感想集

Category : 日記

さて今期の作品も大体1話が出揃ったところで短評を(。・_・。)

ベイビーステップ 
少年マガジン連載のテニス漫画のアニメ化。テニスの王子さまのような超能力型ではない、正統派のスポーツストーリー。主人公は学年主席、主席といっても天才のように素で頭が良いわけではなく性格上とても計画的に、異常なほどマメにノートをとったり整理した結果としての主席をとったという主人公としての魅力がとてもありそうにないキャラ。
しかし、テニスと出会いテニスにもその計画性や異常なほどのマメさ緻密さを活かし成長していくストーリー。原作はとてもおもしろい。NHKでの放送ということもあり基本的に安定した面白さで進むと思われる。ただ若干残念なのはキャラクターデザインが少し狂ってるということかな。原作と絵がビミョーに違うっていう感じ(´Д`)

金色のコルダ Blue♪sky
乙女ゲーのアニメ化の2部目(2部といっても1部と関係はほぼ無い)。ストーリーはヴァイオリニストとして停滞している主人公の少女が、幼馴染の出演する学校の演奏会に誘われ、幼馴染の弟とともに向かい、そこで急にその高校へ転校しろと言われる。そこで何故か素直に転校することになり、音楽コンクールを舞台とした青春ストーリーを展開する模様。
導入部分が無理やり過ぎてどうしようもないけど、乙女ゲーが元だし仕方ないのかな。ただ恋愛が主要素というよりもオーケストラ系の部活ものを主要素に恋愛をサブ要素として入れてく感じ。

僕らはみんな河合荘
ヤングキングアワーズ原作の少年漫画。○○荘っていうのが着くのにありがちな、河合荘内の個性的な人間と主人公との絡みを楽しむもの。主人公は高校で一人暮らしをするために家に無理を言って河合荘へ入ることを決めた、同室(カーテンのみの仕切り)のドM変態隣人に出会い河合荘を出ようとするものの、自身の好みな女子高生も同じ荘に住んでいると知り住む決意を決める。
そこに@2人ほどの住人を加え、男2人・女3人(+大家的老婆1)のドタバタコメディ。ところどころめちゃくちゃ寒いところもある。

マジンボーン
オリジナルアニメーション。変身ヒーローものって言えばいいのかな、舞台は現代の日本だけど、不可解な地盤沈下や異常気象といったニュースが続いていたところ。自宅で過ごしていたところ隣人の幼馴染から犬探しを手伝うように言われ、手伝うと異様な音を聞いてそこを調べようとすると隕石のようなものが落ちてきてしまう。そこへ正体不明の怪物が現れ・・・っていう
オリアニのヒーロー物ではよくあるような展開。よくある展開ながら演出がとても上手なので見れるものだった。ただこれからはどうだろうか、ストーリーが単調にならざる得ないので演出だけでなんとかするのは無理がありそう。夕方アニメだしそんな期待するものでもないかな。

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
ファミ通文庫の現在のエース的作品のアニメ化、埋蔵金というくらいなのでトレジャーハントもの。それに高校要素を合わせた作品っぽいもの。
主人公は父親に勘当されて人工学園島(とある魔術の禁書目録の学園都市みたいな)の安アパートで暮らすことに。12ヶ月で6万円という物件についていたのは、そこで殺された少女の地縛霊が住み着いていた。
その少女は人工学園島の創世に深く関わる人物で名を龍ヶ嬢七々々といった。彼女は生前隠したコレクションには不思議な力が宿るものが多数確認されており、それを見つけるというストーリー。
導入で何故か制服姿の女子高生がトレジャーハントしてて、何コレって切りそうになったり。OPが鏡の中のマリオネットみたいなのを想起させる昭和系のOPだったりで(-ω-;)ウーンって感じだったけど、それ以外は気になるところもなく見れる。
大元の設定が変な部分を除けば気軽に見れて楽しめると思う。

ジョジョの奇妙な冒険ースターダストクルセイダースー
少年ジャンプで連載していたジョジョの奇妙な冒険1部・2部に続く、ジョジョを一躍超有名作品にした3部のアニメ化。3部から超能力を目に見える形で表現した幽波紋(スタンド)が登場する。
ストーリーとしては1部で倒したはずの吸血鬼DIOが100年後の現代で蘇り暗躍していた、その影響で主人公達にスタンド能力が発現。主人公の母がDIOの呪いにかかり、その呪いを解くためにDIOを倒す旅へ・・・というもの
ジョジョは嫌いな人は嫌いだし、好きな人は大好きな作品なので合わない人には合わないと思う。アニメの出来は1部・2部と同等を維持しているので好きな人が見て残念に思うこともないと思われます。
個人的にはOvaの暗い雰囲気の方が好きかな。Ovaと地上波じゃ制作環境が全然違うので比較しちゃ本当はダメなんですけどね。比較出来るくらいに出来はいいってくらいに捉えてください(・ω・)

極黒のブリュンヒルデ
ヤングジャンプ連載中の同名マンガ作品のアニメ化。現代を舞台に、主人公は昔死んだと聞かされた少女と瓜二つの外見の少女が転校してきたことに驚く、しかもその少女が超能力を持ち死亡事故を防いでることを知り更に驚いて・・・で一話は終了。
1話冒頭は宇宙人がいることを少女が見せてあげるみたいなものだったので、宇宙人と超能力が関係している感じ。
絵を見るとエルフィンリートの人なので、恐らくエログロ系の作品なのかな?やたらコアなファンがいる印象だけど、成績優秀品行方正な主人公が転校生を見た途端脇の下を見せろとか全員の前で言ったりする頭おかしな人だった部分を除けば
気になる部分もなかったかな。

マンガ家さんとアシスタントさんと
少年ガンガン連載中のギャグ漫画、ストーリーというものは特になく、ちょっとアホな漫画家とまともなアシスタントさん・それに編集さんを加えたギャグもの。
15分枠なので気軽に見れる点ではいいが、特に面白さも無いかな。流し見で見るような感じの作品

魔法科高校の劣等生
ラノベ界の最終兵器と言われる作品。小説家になろうからのデビュー作品で、小説家になろう主流の魔法・学園・俺TUEEEEEを全て取り入れたような作品。
魔法科高校に入学した兄妹の兄が主人公で、この兄実はかなり(どころか全世界一クラスで)優秀なのが事情がありその能力を隠して入学しているため、魔法科高校という魔法の価値が高い学校においては劣等生であるという設定。
その兄(主人公)が魔法科高校に入学して色々な事件に巻き込まれて・・・っていうストーリー。
アニメーションとしての出来はよく、良く動くし作画もいい方。ただ、設定の割に全然隠す気のない優秀さとか、どうでも良い事で驚く周りとか、中2病要素満載過ぎて吹き出しそうになる。
中2秒加減についてはめっちゃ長いコピペもあるほど\(^o^)/
中2病アニメとして見るのもいいし、シュールギャグアニメとして見るのもいい。

彼女がフラグをおられたら
タイトルからしてわかるラノベ原作アニメ。主人公は人の頭にフラグ(死亡フラグとか恋愛フラグとかの)が見えるという能力持ちで、人と関わらないように暮らしていたものの、高校入学後そこで出会った少女に強引に友達にされてしまい・・・
方向性がよくわからない設定のストーリーもよくわからない感じ。あと絵がものすごく昭和です。

健全ロボ ダイミダラー
角川エンターブレイン発行のFellowsで連載中(?)の漫画のアニメ化。健全ロボなんて冒頭で言うくらいなので健全なわけがなく、主人公がエッチなことをすることによりロボが能力を発揮出来るとかいう謎の設定。
攻撃してくる謎の敵集団との戦いも殆どギャグそのものなので、微エロギャグ系の作品かな。絵としてはちょっと古いものの普通のロボものな感じ。絵も含めてハイスクールD&Dの系譜。

風雲維新ダイショーグン
オリジナルアニメーション作品。最近は時代もののオリアニが流行ってるのか・・・。江戸時代(?)的な時代の設定で徳川の子孫であることを隠され育った主人公を狙い暗殺者の魔の手が忍び寄る、暗殺者の魔の手を逃れ巨大ロボダイショーグンを起動させ撃退。
というのが1話のあらすじであるが、なんというかアニメーションしていなくてフラッシュなの?って思えるくらい止め絵と止め絵を揺らすだけのアニメだったりでクソアニメ具合が群を抜いている。その手の愛好家には好物なのではないだろうか。

キャプテン・アース
正統派ロボものオリジナルアニメーション。宇宙からの侵略者から地球を守るためには特殊な体質が必要で、その体質をもつのが主人公他1名という様子。主人公は普通の高校生で、昔父に連れられ防衛施設に見学にきてた程度の子供。
その主人公がTVで昔見た光景を思い出す映像を見ることによりその研究施設を訪れる、何者かの意図によるものかするすると内部に進入でき、そこで敵襲の内部放送を受けとる。適合する体質をもっていた主人公はロボに乗り込み宇宙へ・・・
このキャプテンアース合体するためにそれぞれのパーツを全て地上から打ち上げており、一回合体するのに凄いお金かかりそうな感じの演出になっている。
導入部分に無理があるのはこういうロボットアニメではよくあること。あとは、エヴァのように宇宙人襲来に対して人類補完派と戦闘派の対立も物語の核になってきそうな印象。
従来のロボットものよりもリアル目な演出なのはその辺にスポットを当てるためなのかも?それなりに見どころはありそうなので見てみるのも一興かもですね。(見るとは言ってない)

ノーゲーム・ノーライフ
ラノベ原作のアニメ化、あらゆるゲーム(主にオンライン対戦)で圧倒的な実力を誇る兄妹、コミュ障のため現実世界では生きづらく引き篭もりの生活を送る。そんなある日、オンラインチェスを挑まれ勝利したところ、
メッセージがきて、それに返答すると現実とは異なるゲームにより全てが決まる世界へ飛ばされることになった。現実世界に戻りたくもない彼らはその世界でどう生きるのか・・・というのがストーリー。
ただ、設定倒れの部分がめちゃくちゃあって、コミュ障設定なのに人と話すのは全然苦ともせず、かなり簡単に打ち解けたり相手の打算を見抜いたり、駆け引き上手だからリアルでも出来るっていうならコミュ障にはならないだろ・・・っていいたくなるような一幕も。
あとはイカサマを使って勝った表示はあっても、そのイカサマ内容には全く言及しないで勝ったという事実だけみせられても見てる側としては?????ってかんじになってしまう。
要はまともなゲームではなくチート合戦ということなんだろうが、その辺の描写がないのでわけもわからない俺TUEEEEを見せられることに。映像化するよりラノベで楽しんだいい作品だったかもしれない。

神々の悪戯
乙女ゲー原作、大神が古今東西の神々の中で問題のある神を集め学校上の物を作りその中に一人人間代表で女子高生を入れた。そこで希薄だった神と人間とのつながりを再認識させようというもの。
ストーリーというストーリーは無さそう、なんかやたらホモホモしい感じの神々の中で生活する女の子ってのもどうなのか( ゚Д゚)
典型的な乙女ゲーのアニメ化なので乙女ゲーファンなら見てもいいだろうしグッズも売れそうだなーって感じです


ブラック・ブレット
ラノベ原作のアニメ化。近未来、寄生生物「ガストレア」に敗北した人類は、ガストレアを退ける金属で作られた巨大な壁を建築し、其の中でガストレアから身を守りながら生活していた。なんかどっかで聞いたような設定・・・(進撃n・・・ゲホゲホッ)
まれに外部から進入するガストレアの排除を請け負う、民間警備会社に勤めるのが主人公である。主人公と相棒の少女(生まれつき異常を抱える系)でガストレアを倒しつつ・・・というもの。
なんか本当に設定が・・・そっくりというか・・・(*'へ'*) ンー・・・1話で出てきた敵のような男がいたので意思を持った人状の生物との戦いがストーリーの核になるのかなぁ。
面白いとも面白くないともなんともいえない感じですね

シドニアの騎士
月刊アフタヌーン連載中の同名漫画のアニメ化。舞台は遠い未来。ガウナと呼ばれる謎の生命体に太陽系が破壊されて1,000年後の世界の話。シドニアというのは巨大な宇宙船(マクロスとかでいう移民船のような)の名称で、主人公はシドニアの地下で、
彼の祖父と2人きりで生活していた。しかし、祖父が他界し、3年経過した頃食料の備蓄が切れてしまい、祖父の遺言では上層部にはでては行けないことになっていたが、それを破り上層階にでてしまった。上層部では無人の地下と違い居住区であり、
その居住区の食料庫から米を盗み出そうとしたところ捕らえられてしまう。その後、祖父(凄腕のパイロット)の教えを受けたものであるとしてシドニアの艦長の庇護のもとで、ロボットの操縦士となる。
そして初任務で100年ぶりに現れたガウナと出会ってしまい・・・という1話。映像は3Dアニメーションで見る人を選ぶが、かなり動きは良く見てて驚く。完全なSF作品。面白そう。

悪魔のリドル
月刊ニュータイプ連載中の同名漫画作品のアニメ化。ある学園に存在する、特別な時期にしか開講されないクラス・黒組。そこに1人の女子高生を暗殺するべく12人の女子高生が刺客として集められたという設定。この時点で設定がはちゃめちゃ過ぎて
微妙な感じもする。そして始まったのを見てみると普通の女子高生1人を暗殺するのに12人集める必要とか12人の女子高生が全員暗殺者だったり快楽殺人者だったり・・・ナンカネー。
これならダンガンロンパくらいぶっとんでるほうがまだ見れるし、暗殺教室みたいに全員素人でころされる理由があるターゲットを置くほうが説得力も違うのになーっていう感じ。

ご注文はうさぎですか?
まんがタイムきららMAXで連載中の同名4コマ漫画のアニメ化。4コマ漫画のアニメ化ということで基本的なストーリーというものは存在しない。高校入学を期に引っ越してきた主人公の少女は、
下宿先を探して道に迷う中、ラビットハウスという名の喫茶店を発見する。名前からうさぎだらけの喫茶店に違いないと思った主人公であったが、そこにいたのは小さな少女と、モフモフとしたうさぎだった。
そこでコーヒーを飲みながら下宿先について質問すると、その店が下宿先であることが判明し、そこでの生活が始まるというもの。
4コマ漫画からのアニメ化ということで、どことなくきんいろモザイクのような、のんのんびよりのような、ああいうホワホワしたかんじの萌え癒やし系アニメ?になるのかな。横目に見るくらいがちょうどいいかも。

ハイキュー!!
少年ジャンプ連載中の同名漫画のアニメ化。高校バレーの熱血青春モノ。超・能力系のテニスの王子さまや黒子のバスケとは違い、普通のスポコンバレーアニメ。
主人公は身長がとても小さいがジャンプ力がある少年。中学の最後の大会で初めて大会に出ることが出来たが、そこで出会ったのはコートに君臨する王様といった体の相手チームの少年。
そこではボロ負けしてしまうが、雪辱を誓い高校へ入学してバレー部へ入ろうと体育館へいこうとしたところ、バッタリと相手チームにいた少年と出会う。
身長に問題のある少年と、性格に問題のある少年の出会いがどう変わっていくのかが見どころかな。
漫画の方だとちょっと動きの描写が苦手っぽかったけど、アニメ化することで其の部分が補われた印象。第1話の出来はとてもいい。

柩姫のチャイカ
ラノベ原作のアニメ化コミック版も月刊エースで連載中。完全なファンタジー世界を舞台としており、主人公は暗殺・偵察を請け負う職業をしていた。主人公が戦争が終結した時代では仕事もなく怠惰な生活を過ごしていたところ
食料を探しに行った森でチャイカと名乗る大きな棺を持った少女に遭遇。その少女との遭遇中チャイカを狙う刺客により放たれたユニコーンに襲われるがチャイカの魔法を活かした助けにより窮地を切り抜ける。その後チャイカの道案内兼護衛として街まで行く。
なんやかんやあってチャイカが探しているというものを奪う仕事を受け、それがある場所へ侵入し・・・
たぶんチャイカが探してるのは前皇帝の遺体の一部で、その遺体に何らかの能力があるものと推察できる。チャイカが何故刺客に狙われるのか等の謎は残るものの、1話として文句のない出来。
惜しむべくはチャイカが何故かカタコト喋りで若干聞き取りづらいことかな。ラノベ原作の中でも一番見れるかも。

蟲師 続章
月刊アフタヌーンで連載されていた同名漫画のアニメ化2期目。8年ぶりの2期ということで同作品ファンにとって待望といっていいもの。
「蟲師」を生業とする主人公が、様々な「蟲」によって引き起こされる事象に対峙していくストーリーで、基本1話完結。
1期も名作であったが、2期もクオリティは落ちてない。原作の雰囲気を十分に出しており1話1話何かしら心に落とすものがある。大変良い作品。

ブレイドアンドソウル
韓国産MMORRPGブレイドアンドソウルのアニメ化。ブレイドアンドソウル自体日本では正式稼働がまだなので宣伝目的のアニメっぽい。
ストーリーとしては濡れ衣を着せられた暗殺一族の女が、濡れ衣を着せた相手に復讐するために旅をするもの。
アニメーションはGONZOなので、動きはいいんです。とても迫力ある絵が見せれてると思います。
でも主人公に殆ど感情みたいなものがなくて、共感もできなければ、入り込むには微妙。どことなく見る気が起きづらい作品になっているかも。

それでも世界は美しい
花とゆめ連載中の同名漫画のアニメ化、ファンタジーの世界を舞台として、
風を操ることが出来る能力をもつ「雨の公国」の第4公女(主人公)は、ジャンケンで負けた結果嫌々晴れの大国へ嫁にいくことに。
嫁に行く先の晴れの大国の王は3年で世界を制服しており、色々な怖い噂の流れる人物であったが、謁見の間で見たその姿はどう見ても子供であった。
貧乏国の年上の第4公女と善政を敷く大国の子供の王が出会い結ばれるわどのようなLove Storyか。っていうのが本作の見どころっぽい。
姉ショタの王道を行ってる感じですね。1話見た限りではとてもいい感じに仕上がってました。単純に面白い。


ソウルイーターノット!
月刊少年ガンガン連載中の同名漫画のアニメ化。ソウルイーターというアニメを見たこともある人もいるかもしれないが、その世界観及び人物を引き継いだスピンオフ作品。
死神の学校である死武専高校へ入学してきた武器になれる少女が、その学校で出会う人々・出来事についての物語。
別段百合百合しいというわけでもないが、少女3人の絡みが基本多くなる模様。スピンオフ作品ということもあって着地点がよくわからないけど、
ソウルイーターファンの方でも、この作品から見る人でも両方楽しめるような感じになっている。前提知識が多少必要な部分はあるかもしれないのでwikiでも読んでみるといいかも。

エスカとロジーのアトリエ~黄昏の錬金術士~
アトリエシリーズの第15作品目のアニメ化。私はアトリエシリーズプレイしたことがないので全くわからないんですが、なんか素材集めて錬金術で錬金してくゲームという印象。
錬金術ということで舞台はファンタジー系の異世界。田舎の方に務めることになった主人公がともに働くことになった中央からきたエリート錬金術士とともに錬金術を用いて
街のトラブルを解決していくストーリー。
これといって特筆すべき点もなく、本当にとんがりもせずへこみもしない平坦な感じに1話が終わった感じ。ファン用かなー?(・ω・)

ピンポン
窪塚洋介主演で映画化もされた同名漫画のアニメ化作品。ノイタミナ枠で湯浅監督という外しようがなさそうなキャストで作られている。
アニメ化にあたり、1話段階ではほぼ映画通りに進行している。原作ファンならずも誰が見ても楽しめる感じヾ(゚ω゚)ノ゛やっぱピンポン面白いわ。

selector infected WIXOSS
トレーディングカードゲームの販促用オリジナルアニメーション作品、WIXOSSというカードゲームが女子中高生の間で人気となっていた。
しかし、実はその中でも特別なカードを持つ者はセレクターと呼ばれ、普通の人間には気づかれないフィールドでカードバトルを繰り広げている。そのバトルに勝ち続ければその胸に秘めた願いを叶えることが出来る無限少女になれるという。
主人公は転校後なかなか友達ができなかった少女で、友達づくりのきっかけとして兄に同ゲームのカードデッキをもらう。そのもらったカードが、特別なカードであって無限少女になるためのバトルに巻き込まれていくというストーリー。
普通に明るい雰囲気で進行しても良さそうなものであるが、何故か暗い雰囲気で続いており、どことなくまどか☆マギカを思い出す。ストーリー進行で真似ている部分はあるのかもしれない。どうなることやら・・・

星刻の竜騎士
ラノベ原作のアニメ化、舞台はファンタジー世界。龍を飼う国にある龍飼い人の育成施設に通う主人公、主人公はどのドラゴンにも乗れるにもかかわらず、特定の相棒たるドラゴンが誕生しないことから学年一の問題であった。
ある日学校行事の最中に他国のスパイに遭遇した主人公はスパイを退けたものの、崖下へと転落してしまう。死ぬかもしれないとなった時主人公の左腕にあった星刻の紋章が輝き、幼竜が誕生したことで生き延びる。
1話見た限りではテンプレ&テンプレ&テンプレ、目新しい演出もなければ目新しい展開もなく全てが予測ついてしまうような出来。
恐らく今後も生まれた幼竜(人型)がテンプレの傲慢系のキャラでそれに悩まされる主人公、なんかの事件が起こって主人公を見直す幼竜、幼竜の正体はなんか凄いのでーみたいなテンプレなんだろう。見る気がおきない。

一週間フレンズ。
月刊ガンガンJOKER連載中の同名漫画のアニメ化。現代の高校を舞台に、1週間経過すると楽しかった記憶を全て失ってしまう少女とその少女に恋をした主人公とのラブストーリー。
期間記憶喪失ものは映画や小説でよく扱われるので、食傷感はあるもののなかなか上手に活かしていると思える。
1話見ると漫画の読み切りっぽいというか、1話が最終回みたいな終わり方だったので、これからどうするんだろうっていう印象。面白そうでもあるけど、1話で十分な気もするとても不思議な作品。

メカクシティアクターズ
ニコニコ動画上で活動するじんという人物があげた楽曲にまつわる話を小説化したもののアニメ化。いわゆるカゲロウプロジェクトと呼ばれるやつである。
ストーローは引き篭もりの青年はある日パソコンに住み着いた電子の少女エネとともに、部屋の中で2chのような場所でアニメの批評をしたり、適当なことをして過ごしていた。
ある日コーラをキーボードにこぼしてダメにしてしまい、ネットで買おうとしてもどこも発送に時間がかかるのでデパートに買い物に出かけたところ、
人質テロ事件に巻き込まれてしまい、そこで奇妙な人々と出会い物語が始まるいうもの。
まさにファン用作品という感じでカゲロウプロジェクトの他作品も聞いたり見たりシてみたほうが内容理解が進む感じなのかな。1話時点では急展開に次ぐ急展開で謎。

2014年の春アニメ短評としてはこんな感じです。
一瞥してみるとラノベ原作のものがとても多い。ラノベは設定がちゃんとしてないことも多々あるので
アニメ化して映像化してしまうと、その設定の粗さが目立ってしまうのが難点なので
どう演出するかが鍵になる。よほどスタッフに好かれてる作品でもないとボロボロでてくるのに注意かな

1話段階での個人的評価はこんな感じ
S それでも世界は美しい ピンポン ハイキュー
A 柩姫のチャイカ シドニアの騎士 ベイビーステップ ジョジョの奇妙な冒険SDC 蟲師続章 
B 魔法科高校の劣等生 極黒のブリュンヒルデ 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 マジンボーン 一週間フレンズ。
C selector infected WIXOSS メカクシティアクターズ ブラック・ブレット キャプテン・アース 僕らはみんな河合荘 ソウルイーターノット! ご注文はうさぎですか? 
D ブレイドアンドソウル 悪魔のリドル 健全ロボダイミダラー ノーゲーム・ノーライフ 金色のコルダ Blue♪sky エスカとロジーのアトリエ~黄昏の錬金術士~ 
E 彼女がフラグをおられたら 星刻の竜騎士 神々の悪戯 マンガ家さんとアシスタントさんと 
F 風雲維新ダイショーグン


決め手は気になる部分の量。全体的に外れとは言い切れない作品も多く楽しめる期になりそう。



関連記事
スポンサーサイト

非公開コメント

  

ついったー

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問者数